知らなかったじゃ恥ずかしい!婚約指輪と結婚指輪について

婚約指輪と結婚指輪の違いとは

アクセサリーにあまり興味のない男性にとって、婚約指輪や結婚指輪についてあまり詳しく知っている人ってすくないもんですよね。女性にしてみれば、憧れの指輪なので詳しかったりしますが、男性にしてみれば自分が身につけるものでもないので、女性の言われるまま、という感じになりがちですよね。名前の通り、婚約指輪と結婚指輪は意味合いが全く違います。婚約指輪は、婚約の証として男性が女性に贈るものであり、結婚指輪は結婚式に2人の愛の誓いとして交わされるものとしているんです。なので、どちらかを用意すればいいというものではないんですね。

婚約指輪を購入するときのポイントは

婚約指輪は、男性が女性へのサプライズとして男性が1人で用意するというケースもありますが、女性からすると一緒に選びたかった、好みのデザインではない、サイズが合わないなど色々トラブルにもなりかねないので、出来れば女性と一緒に選びに行くのがおすすめですね。一般的には、ダイヤモンドがついているデザインのものが人気があります。高い買い物なので、後々サイズ直しが出来たり、メンテナンスがして貰えるようにアフターフォローがあるお店で購入するといいですね。

結婚指輪を購入するときのポイントは?

結婚指輪は、結婚してから毎日身につけるものなので基本的にシンプルなデザインのものがおすすめです。宝石がついていたり、でこぼこしているようなデザインだと引っかけてしまうので避けた方がいいでしょう。男性は、仕事にも支障が出てしまうこともあるので、身につけている人はすくないですが、出来れば男性の好みをきいてあげましょう。自分だけの指輪ではなく、あくまで結婚の証というものなので男性にも気に入って貰えるものがいいですよね。

婚約指輪とは、プロポーズの際に男性が女性へ送る指輪の事です。基本的に、普段使いできるシンプルなデザインのものが好まれています。